投資に対する教育

日本人は昔からお金に対してあまり勉強していないといわれています。無論、投資に対しても同じように捉えられているはずです。
実際に欧米の国々では学校現場や家庭でもお金に対する教育が行われていて、子供の頃から投資に対して興味を持つような教育が進んでいます。逆に日本では教科書の中でさえもお金を左右するのは日本の銀行であると言う事位の知識しか教えられず、最近では現金を触ることもなく、大人になっていくような子供が増えているような時代です。もちろん、電子マネーやクレジットカードの浸透そのものは、社会にとってプラスに働くのでどんどん進めるべきですが、子供たちがそもそものお金の概念わからないまま、大人になってこの文化に慣れていくのはマイナスでしかありません。 
だからこそ、教育現場でマネー教育、さらにはその中で投資に対してもきちんと学びを与えていくことが重要だと思うわけです。
現在、学校現場では英語教育、プログラミング教育がさかんに行われていますが同様の考え方でマネー教育もしっかり行うべきだと思います。
また、実社会以外でも労働の対価が報酬であるという考え方、意識が若い世代になればなるほど希薄になっていく中、いかにしてこの意識を植えつけていくことができるのか、あわせて考えていかねばなりません。
英語やプログラミングに比べて家庭でも取り組みやすいテーマであり、家庭でも実践可能なテーマであることはいうまでもありません。
例えば、おこづかいについてもお手伝いの対価として支払う、また、そのお小遣いはどうすれば増えるのか?貯金、将来への自己投資?といった会話をするだけでも子供の意識は大きく変わるのではないかと思います。
こうした基本がある中で、投資に対して分かりやすい概念や事象でさらに理解を深めていく取り組みができれば長期的には大きく変わってくると思います。例えば学校でも伝統的なボードゲームである人生ゲームを活用して人生を生きていく中でお金がどのように関係しているのかを学んでもらうことも非常にわかりやすいのかもしれません。
何事も簡単に進まないものですが、まずは意識を変えて子供の頃からマネー教育、お金に対して興味を持つことができれば投資に対しても興味を抱くことができるようになるかもしれません。 
まずは、日本として第一歩を踏み出すことが日本人が貯蓄から投資へと言う考え方をされた進めるためのポイントになってくるのではないでしょうか。